poetry matrix

YEAR: 2012, 2021 (expansion)

ROLE: Designer

The Poetry Matrix arose out of a desire to create an "exhaustible poem." A reader engaging in such a poem would cross words off across columns to create lines and stanzas. The Matrix is the result of an exploration into the sorts of combinations that can be produced when words are repeatedly reused.

 

While the initial purpose of the Matrix was to investigate the iterative possibilities of a limited wordbank, its real worth proved to be in its interactive potential and value as a brainstorming exercise. 

 

Co-developed with Patrick Mulroy.

詩のマトリックスは「消耗詩」の可能性を検討する為に作り出されたもの。「消耗詩」はつまり、読み手がいくつかの欄から単語を消して、その消した単語の消す順番によって色々な詩が出てくる詩の構造のコンセプト。このマトリックスを通じて、とある単語の組みの合わせる可能性を早く描ける。

こういう可能性を検討する為にデザインされたと言っても、結局、アイデアラッシュ活動やゲームとしての使い方は詩のマトリックスの本当の価値であった。

Patrick Mulroyと一緒に詩のマトリックスを作った。

poetmatrix.png
poetmatrixdir.png
poetmatrixpoem.png

example Poetry Matrix with directions and result

The above example is the original formulation of the matrix, but the general structure is amenable to variation and derivation. Most simply, the grid can be contracted or expanded to create poems of differing sizes. Multiple grids can be compounded and assigned rules of interaction to yield ever more complex emergent poetry.

​以降の例は由来のマトリックスの形であるが、色々な変更もできる。例えば、グリッドを小さく、または大きくできるし、グリッドの総合によって、ドンドン複雑な創発的な詩が出てくる。

poetmatrixcomplex.png
poetmatrix5x5.png
poetmatrix3x3.png
poetmatrix2x2.png

examples of other possible Matrix configurations

The different structures of Japanese and English make a Japanese version more complicated, but it is not impossible. I propose allowing any sort of particle as an option in lieu of punctuation. A native Japanese speaker may find that this is not necessary, but it is an option that will make the process a bit smoother.

日本語と英語の文法は違う為、日本語のバージョンを作るのは少しややこしいが、無理でもない。英語のバージョンでは、最後に付けられるものは句読点のみだが、日本語の場合は、句読点の代わりに助詞も許されると言うルールを提案する。日本語ネーティブにとっては、結局こんなルールが不要と決めるかもしれないが、使ったら、詩を書くのは少し楽になるだろう。